CONTENTS
日本におけるゴルフについて

自分の殻を破ることが出来るゴルフ

最近、日本人の若い世代のゴルファーが次々と出現して活況を呈しているのがゴルフ界であります。トーナメントで若い選手がパワーで、中堅世代を圧倒するかと思えば、中堅世代が円熟の技で、若手の壁となります。そのようなプロゴルフを観戦するのもとても面白いものですが、実際に自分でプレーするとなるとそんなうまくいきません。小さなボールをうまくコントロールすることが、非常に難しく、自分のこころと体のバランスが大切なスポーツであるのが、このゴルフであります。

まずゴルフを始めるきっかけとして考えられるのが、自分の健康のためという人がいるかと思います。普段、なかなか歩く機会が少ない人にとって、広々として高低差のあるコースを回ることは、かなりの距離と運動量となります。中高年の世代にとっては、激しい運動を伴わないので、足腰を鍛える上では適したスポーツであります。また、自分の友人や会社の関係者と一緒にプレーすることになれば、出来る限り相手よりいいスコアを出したいという気持ちが強くなってきます。その時に相手に勝ちたいという勝負のこころが、出てくるのです。困難な状況に追い込まれたとしてもグリーン上においてワンショットで他より先にカップに入った時の感動は、言葉で表現できないほど嬉しいものです。精神的にも鍛えられるスポーツでもあります。

このようにゴルフをプレーすることで素晴らしい感動があるのですが、人によってはゴルフ場に行くことによって、自分の今後の進路の決断をすることがあります。日常の生活環境から離れてひとたび緑豊かなゴルフコースに出た時に、この自然豊かなコースに触れた時に、無心の状態にさせてくれ、自分自身の大きな決断を後押ししてくれるのもゴルフの魅力であります。