CONTENTS
日本におけるゴルフについて

日本におけるゴルフについて

ゴルフは、日本では明治期に入ってきたと言われています。当初は上流階級のたしなみとして、高級なスポーツでした。実際、ゴルフは紳士のスポーツと呼ばれ、マナーも厳しく、プレーする服装にもルールがあり、襟付きのシャツでないといけません。また、クラブの会員になるにしても、それなりの社会的地位が必要と言われています。自分はゴルフは一切やりませんが、職場ではけっこうゴルフをする人が多いです。ですので、ゴルフの話をよく耳にします。

ゴルフはけっこう朝早くから集合します。そして、プレー時間も長いです。1ラウンド18ホールで5時間前後もかかります。その間、原則4人にキャディがついて半日一緒に過ごします。また、他のスポーツに比べて移動が多かったり、昼食を一緒に食べたり、お風呂に入ったりしますので、必然的に会話をする機会が増えます。会話の内容も、ゴルフのプレーに限らず、仕事や日常のことについても広がりますので、情報交換としてもかっこうの機会になります。そして、集中力というか、精神力が重視されますので、プレーに人間性が表れます。我慢強いとか、短気だとか、楽観的だとか、読みが深いとか性格が如実に表れるスポーツですので、グループの人間を知るにはいいことなのかもしれません。

おすすめ情報